講師の俳句 毎月更新

紙魚   2021年7月

目の前は雨の楊梅(やまもも)喫煙所

紙魚一つ泪のやうに走りけり  紙魚(しみ:書籍の糊を食べて生きる昆虫、梅雨時の季語)

紙魚に生まれたいと思ふ怖いとも思ふ

有明の月椎の花外便所

緑蔭の叢(くさむら)椋鳥潜りゐし

箱庭をけふも眺めに来る子かな