講師の俳句 毎月更新

風陰る   2021年4月

雷一つ梢に近し花こぶし

かぎろひて雪崩の跡や富士の山   かぎろふ=陽炎の立つこと。春の季語。

幹朧大枝朧瘤朧  朧(おぼろ)。春の季語。
     
宿木(やどりぎ)の見えずなりぬる木の芽かな

霾れる都一望樫の下  霾る(つちふる)=黄砂が降ること。春の季語。

残りは二本団子の棚日永

ジャンクション天に登れる竜をふと 竜天に登る=春、龍が天に登るという、中国の言伝え。

 風光る、が春の季語なればこれも又
風陰るときあり橋の半ばにて