講師の俳句 毎月更新

冬の日    2020年1月

冬ざれやまた誰か寄る水飲場

ぶつた切られたるは木か冬空か

なまぐさき冬の太陽詩仙堂

大阪の時雨を後にせし車窓

すれすれを飛ぶ鵜か何か冬の海

波一つ見つけて止まる都鳥   都鳥・・・・ユリカモメ